×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トラベラーズチェックで得をする!トラベラーズチェック手数料比較

トラベラーズチェック手数料の徹底解説!

トラベラーズチェック手数料

2009年9月16日
トラベラーズチェックとは

トラベラーズチェックとは、海外旅行などへ行く際にとても便利なものです。海外に行って現金を持っていて、所持金をなくすということは一番心配なことではないでしょうか。所持金が無くなることも大変ですが、万が一盗難にあった場合などにも大変困ってしまうと思います。海外では日本以上に何があるかわかりませんから、予期せぬことに備える必要があります。

そこで便利なのがトラベラーズチェックです。トラベラーズチェックというのは、その登録者しか使用することが出来ません。ですから、万が一トラベラーズチェックが盗まれてしまったとしても、他の人が使うことが出来ないので安心です。

万が一トラベラーズチェックを置き忘れてしまったり、なくしてしまった場合でも、トラベラーズチェックを発行してくれた会社が、補償してくれることになっているので、所持金を持つよりも、トラベラーズチェックを持っているということはとても便利で安心なことになります。海外旅行へ行く際には、所持金を持たずに、トラベラーズチェックを使った方がいいでしょう。とても便利ですし、海外へ行く際の必需品といってもいいものですのでパスポートと共に用意しておきましょう。

トラベラーズチェックの使い方

トラベラーズチェックの使い方についてですが、使えるのは、サインを書いた人だけということになります。トラベラーズチェックは、使用者が決められていますから、クレジットカードを利用するときと同じように、サインをしなければいけません。トラベラーズチェックを使用する場合には、低額であったとしても、見せてサインを求められると思います。トラベラーズチェックはクレジットカードのような感覚で使うことが出来るのですが、使用に当たっては注意しなければいけないこともあります。

トラベラーズチェックは誰でもどこでも使えるわけではないということです。たとえば、タクシーに乗ったときなどに、トラベラーズチェックを出すと、拒否されたという人もいたそうです。受け取った側というのは、一度銀行に行かなければいけませんので、トラベラーズチェックが使えない小さなお店などもありますので、ある程度は、現金も手持ちで用意しておいた方がいいかも知れません。トラベラーズチェックの使い方はとても簡単で、見せてサインをすれば使用可能ですが、使えるか使えないかは、お店によっても違っていますから、使う前にあらかじめ確認しておくようにしましょう。

トラベラーズチェックの紛失

トラベラーズチェックはとても便利なものです。トラベラーズチェックというのは銀行が発行した場合にそのトラベラーズチェックには番号が書かれています。もしかすると無くしてしまうかもしれませんし、盗難にあう可能性もあるかもしれませんから、トラベラーズチェックを貰ったら、書いてある番号を控えておいた方がいいでしょう。トラベラーズチェックを出している銀行というのは、世界規模うで扱われている銀行(ネット銀行・ネットバンク)、紛失の場合には対応部署を設けていることが多いですから、もしもトラベラーズチェックを紛失してしまったらまずは、銀行へ連絡をしましょう。

トラベラーズチェックを紛失したことを伝えて、控えておいたトラベラーズチェックの番号を言えば、別の番号での再発行が可能です。なくした番号のトラベラーズチェックを他の人が拾ったり盗んで、サインを真似して使ったとしても、使えない手続きが行われていますので、安心です。

しかし注意しなければいけないことは、トラベラーズチェックも無くして、その上控えておいた番号までなくしてしまったら、再発行はしてもらえないので、十分にこの二つの取扱いには注意するようにしましょう。トラベラーズチェックと控えの番号は別々に保管しておきましょう。